PARADIGM CONFLICT

物語

 
√ε
√εストーリー 

ゼミのフィールドワークでとある無人島に上陸した『倉貫一哉』。
当たり前のように孤島に閉じ込められ、当然のように起こる殺人事件。
『彼』は無事この島から脱出することができるのだろうか?
繰り広げられるは平凡なる殺人遊戯。

 

 ――この物語は『ε』にして『囚』。

 

 檻に投げ込まれた『彼』は抗う術を一切持たない。

√N
√Nストーリー 

自らの元に届いた暗号メールを手に、とある探偵事務所を訪れた『伊津野剣』。
それを皮切りに次々と身に降りかかる事件の数々。
『彼』との再会が全ての事象との輪を繋ぐ。
蠢くは過去からの連関。空白の時間が唯一の方程式。

 

――この物語は『N』にして『求』。

 

 『彼女』という存在は檻の外から因果律を切り裂く刃となる。

√Ω
√Ωストーリー 

深夜の病室で目覚めた『――』。全ての記憶を失った状態からゲームは始まる。
失った記憶を取り戻すことは果たして可能か、不可能か。幸か不幸か。生か死か。
そして『連続性』は如何にして証明可能か?

 

 ――この物語は『Ω』にして『廻』。

 

全てを生み出す権限を与えられた『――』の存在は『――』である。